ハイブランドサングラス 通販ショップ パンダミックサングラス


新規会員登録・送料無料

 

 
問い合わせ電話番号0587-56-0638
(平日:9:00〜18:00)

 

 

トムフォード・グッチ・カレラ・ドルガバ・カザール・コーチなど人気サングラス販売

 

ブランドリストから探す

【CARRERA】カレラ サングラス

【Chloe】クロエ サングラス【Christian Dior】クリスチャン ディオール サングラス【COACH】コーチ サングラス【DOLCE&GABBANA】ドルチェ&ガッバーナ サングラス【Ed Hardy】エドハーディー サングラス【GIORGIO ARMANI】ジョルジオ アルマーニ サングラス【GIVENCHY】ジバンシー サングラス【GUCCI】グッチ サングラス【OAKLEY】オークリー サングラス【Persol】ペルソール サングラス【PRADA】プラダ サングラス【Ray Ban】レイバン サングラス【roberto cavalli】ロベルト カヴァリ サングラス【TOM FORD】トムフォード サングラス【VERSACE】ヴェルサーチ サングラス【YvesSaintLaurent】イヴサンローラン サングラス【OTHER BRAND】その他のブランド サングラス



【独創竹豊竹】めがねから探す
竹めがね



アクセサリーブランド
【Chan Luu】チャンルー ブレスレット



好きなセレブから探す【MEN'S】メンズ セレブから探す【Ladies'】レディース セレブから探す【BRAND LIST】ブランドリストから探す

商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
目にやさしいサングラスとは

 







 

 これからサングラスを購入しようとするあなたの目的は、ファッション性の向上ですか?

 それとも紫外線対策ですか?

 知っていて損はない!

 サングラスを選ぶときに、注意すべき、紫外線から目を守る秘訣をご紹介します。

 

紫外線について

 







 

 紫外線は空の上の太陽から降り注ぐだけではなく、反射して下からもわたしたちを襲ってきます。

 しかも、紫外線は、快晴の日だけではありません。

 快晴の日の 紫外線の量を100%とすると、曇りの日で50〜80%、大雨の日でも20〜40%ぐらい

 はあります。

 


 

 えっ!雨の日でも、紫外線は降り注いでいるんだ〜!

 







 

 市街地では、道路に加えてビルの壁などからの反射もありますから、最低120%以上あります。

 スキー場などでは180%以上の紫外線を体に浴びることになるのです。

 サングラスは、夏のものというイメージがありがちですが、こんな経験はありませんか?

 秋や冬になると、学校や会社へ行く途中や、帰る途中に、朝日や夕日がまぶしく目に映ったこと・・・

 


 

 あります、あります。いつも通る道なのに、寒くなリ始めると、やたらと、朝日や夕日が眩しいんです。

 







 

 実は、冬の方が太陽の位置が低いですから、紫外線も強いんです。

 しかも、視界に飛び込んできやすいのです。

 サングラスが、夏だけのものという思い込みを捨てて、一年中活躍させられるファッションアテム

 として活用してください。

 


 

 なるほど〜!冬こそサングラスが、活躍するんですね!

 

紫外線透過率表示があるものを選びましょう

 







 

 0.1以下など、透過率の値が低いものほど、サングラスとしての紫外線カット機能はいいです。

 目にとって、UV−Aという、太陽光に含まれる光成分(太陽紫外線)のひとつを、

 いかにカットするかが、大切です。

 安価で売り出されているファッショングラスは、紫外線ブロックを期待できないでしょう。

 


 

 目を大切にするんであれば、安ものは買わない方がいいってことですね!

 

サイズは大きめでフィット感を重視しましょう

 





 

 紫外線は、サングラスの上下、横のすきまからも侵入し、ガラス裏面に反射して目に入ります。

 フレームやレンズ面が大きく、目やまぶたを覆い、側面にもフィットするようなカーブがついたもの、

 フードのついたもの、幅広のサイドフレームがついているものが、目にやさしいです。

 

 

 

濃い色のレンズが紫外線をカットするとは限らない

 


 

 濃い色のレンズのものが、紫外線をカットするとはいえません。

 


 

 え〜!そうなんですか?

 







 

 そうなんです!驚きの事実でしょ!

 無色のものでも、紫外線透過率の低いものは 紫外線をカットします。

 むしろ濃い色のサングラスをかけると、瞳孔が開きやすくなり、より多くの紫外線が目の

 中にに侵入しやすくなり、目にダメージを与えてしまうこともあるので、注意が必要です。

 


 

 わかりました!

【似合うサングラスの選び方】 【サングラスの種類】 【着用とお手入れのマナー】 【目にやさしいサングラスとは】

【TOPへ戻る】